菊 の 花 レシピ。 食用菊の茹で方と食べ方と保存方法

菊の花を大量にいただいてしまいました

ご飯もの• しかし、しめサバの上にライン状に飾ってみたり、緑色の葉ものと和えて、ポン酢をかけても美味しいです。 「食用菊の下茹でして冷凍」の栄養素は、下茹で過程で、若干ビタミン類が減少します。 スモークサーモン• れんこん• また、下茹でしたものを干して乾燥させ保存することもできます。 〇生で食べる もちろん食用の菊ですから、生で食べることもできます。 ささげ• もってのほか(紫の菊)・黄菊・早煮大根・薩摩芋・ずいき芋・白菜。

>

菊の解毒効能・デトックス効果が凄い!食用菊の茹で方と、おすすめアレンジレシピ

サラダ油 少々• 干し(乾燥)・・・2カ月• しば漬け• 菊の花のお茶やお酒を頂いたり、重陽の節句の前夜に菊の花に真綿をかぶせ、翌朝、菊の花に降り立つ湯を吸った真綿で体を拭うことで邪気を払い長寿を願ったそうです。 青じそ• スポンサーリンク 菊の保存方法、冷凍も出来る!? 食用菊が余ってしまった場合、 生のままだと日持ちしないので一度に使い切れない時は冷凍保存がおすすめです。 こうすることで花びらの色がより鮮やかになります。 天日干しは、ザルなどに花を重ならないように広げて日光に当てます。 「クロロゲン酸」「イソクロロゲン酸」も含有していて、これらは悪玉コレステロールを抑えたり、発がん予防の効果を期待できます。

>

食用菊の保存方法|冷凍・冷蔵・期間と保存食レシピ!長持ちするには?

ふきのとう• 買ってきたらすぐに冷蔵庫の野菜室に入れ、早めに使いきりましょう。 花びらがバラバラになるとふっかりしてかさが増えますので大きめのザルを用意しましょう。 花びらに透明感が出てきたら冷水に取り、ざるに上げて水を切る。 かすかに湯に酸味を感じる程度の量で OKです。 カリフラワー• 黄色と紫色の2種類があります。

>

食用菊(もってのほか)のレシピ、食べ方はおひたしよりも酢の物がおすすめ!その理由とは?

まだ締め切っていない、ということはまだ沢山残っています? でしたら、私の食べ方も紹介いたしますね。 この甘みが感じられるように、酢も甘みも味付けを控えめにするのがおすすめです。 にんじん• 漢字で書かれていたのでなんのお茶かわかったのですが、少し甘みがつけられていて、香りよく美味しかったです。 お湯に溶け出した栄養も、丸ごといただけるので是非お試しくださいね。 - 2,378 views• 色が鮮やかなものを選ぶ• 冷凍(生)・・・6カ月• ズッキーニ• 赤紫色の延命楽という品種で、その美しさとおいしさから 「もってのほか(思いのほか美しいという意味)」とも呼ばれています。

>

【みんなが作ってる】 食用菊のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

菜箸で花びらを湯に沈めるように上からなんども押さえて湯にくぐらせ、短時間で火が通るようにします。 ちなみに、生のままでは冷凍できないので注意してくださいね! 〇冷凍保存 ゆでた食用菊でしたら、冷凍しておくことができます。 大量に菊花茶を作る場合 1、やかんに水1リットルと大さじ2杯分の菊を入れて火にかけます 2、沸騰したら弱火にして10分ほど煮出します 3、冷めたら茶こしなどで漉して、冷蔵庫で保存して飲みましょう 菊をまるごと乾燥させたものを使って飲む菊花茶は、お湯を注いで蒸らしている間にだんだんと花が開いて来るのでキレイです。 茹でた食用菊は、キッチンペーパーなので余分な水分をよく切って、 ラップなどに広げて小分けにして凍らせておくと使うとき便利ですよ。 りんごを切ったまま置いていくと茶色く変色しますよね。 しかし、花びらだけを食する食用菊は、品種によっては旬の時期が限られているものもあります。 食用菊の外の保存 食用菊は、摘み取ると鮮度が落ちやすくなります。

>

もってのほかの菊づくし 菊ごはん/和え物 [毎日のお助けレシピ] All About

(ごはんが炊けたら)菊を手で握って絞り、汁気をきる。 食用菊の酢漬けの作り方の保存食レシピと保存期間 保存期間は冷蔵保存で1カ月です。 そして香りもとてもいいです。 これに対し、花そのものを食べるためにつくられている食用菊は 山形県、新潟県などが産地です。 定番のおひたし等いろいろな美味しい菊の食べ方! 食用菊といえば定番はおひたし、天ぷらですが、 もちろんそれ以外にも美味しい食べ方があります! 定番の1つおひたしのレシピと一緒に紹介しますよ! 〇定番おひたし 【材料】• お酢を加えたお湯でゆでると色よく仕上がります。 りんごの香りのするカモミールはハーブティとして親しまれていますね。 それが料理の楽しみでもあります。

>

食用菊(もって菊)の甘酢漬け

食用菊はとても美味しいですし、何よりも一番美しいタイミングで咲いている花を頂く贅沢な季節の味覚です。 赤ピーマン• まいたけ• 食用菊の丸ごと保存 食用菊を丸ごと保存する場合は、水分が損なわれないよう、ポリ袋に入れ、冷蔵室で保存します。 「小菊」は、お刺身などの装飾に多く使われますが、花びらをむしりお醤油にちらすと、香りがたち美味しくいただけます。 生で食べる方法として、何かに散らすのがおすすめですね。 酢を加えて沸騰した湯に花びらを入れて強火でさっと火を通します。 ひやむぎ• また ガクや花の中心部はクセや香りが強いので、その場合は花びらだけを使うようにすると食べやすくなります。

>