小池 知事 の 会見。 東京 小池知事「医療崩壊の回避を」「不要不急の外出控えて」

小池都知事「2つの会見」で見えた巧妙なイメージ操作と論点ずらし|ニフティニュース

これは、入居者の利便性の向上、それから宅配事業者が何度も留守宅に運ばなくではいけないという課題がありました。 ぜひともご協力いただきたいと存じます。 新たな取組としまして、2点お伝えしたいのですが、1点目が「老朽マンション対策プロジェクト」であります。 このような環境を避けることが新規陽性者の発生の減少につながると考えます。 1つ目ですけれども、高齢者の方々に対するお願いであります。

>

小池都知事、流行語「3密」受賞者選出リモート会見

では一方で、家に帰って、今度、家庭内感染のときには大皿をやめましょうとか、今日も細かい話までさせていただいたわけでありますけれど、やはり、もう感染しない、させないのキーワード、これをこの夏は「特別な夏」なので、皆様、よろしくと、この一言しかありません。 それから、ロックダウンといっても、色々な国のやり方がございます。 常にその日の患者数に一喜一憂してきたのは他ならぬ小池知事だったではないか。 それを確信したのは、2017年6月20日の市場移転問題の基本方針を知事が発表した時だった。 前も申し上げましたけれども、今、世界中のキーワードはステイホーム、家に居てね。 都民の皆様方のご協力を得ながら、都が為しうる手立てを総動員いたします。 これはインターネット環境が、たとえ実家などでそれがなくても、テレビにケーブルを繋いで、スマートフォンから送信したお孫さんの動画であるとか、写真を、実家のテレビで見ることができるというシステムであります。

>

小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和2年8月6日)|東京都

それから、特に明日、明後日、今週末の土曜日、日曜日でありますけれども、引き続き外出をお控えくださいますよう、こちらもくれぐれもお願いを申し上げたく存じます。 そのために、新たに都と区市町村で協議会の設置をいたしまして、第1回の会議を開催いたしております。 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時除外に関しては都側から求めない意向を示した上で「本来、感染を防止する場合は拡大している地域へ行く場合と来る場合との発着を併せて止めるべきではないか」と指摘。 この取組を通し、得られる設置や運営に係るノウハウ、知見などを多角的に検討しまして、モデルを確立させてまいります。 これは、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出すスマート東京の実現に向けての取組でございまして、都は、この西新宿を先行実施エリアと位置付けております。 まず、専門家の方々からは、感染状況について新規陽性者が3日で1000人を超えるペースで増加をしていること、また、前の週と比べますと134%の増加と速度が上がっているということから、4段階のうちの最高レベルで赤色「感染が拡大していると思われる」との総括コメントをいただいたところであります。

>

小池知事、緊急会見で怒り「咳をするたびに撮らないで」…カメラのフラッシュ続き/芸能/デイリースポーツ online

例えば、テイクアウト、デリバリーなどの方法で懸命に経営の維持に取り組まれているケースもあるということも聞いているところでございます。 それから、今日ではないと駄目という例、例えば、お葬式。 (動画上映) 今、御覧いただきましたメッセージ動画ですけれども、これに併せまして夜間の外出自粛を呼びかけるポスターも作成いたしております。 東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が10日、過去最多の602人にのぼった。 こうした新しい機器などを導入して、検査に軸足を移すというようなお考えはないでしょうか。 また、飲食店の皆様でございますけれども、来店者が減っている、売り上げが厳しいというお声でございます。 疫学調査についてお尋ねしたいんですけれども、マンパワーが足りないということが言われております。

>

小池都知事「2つの会見」で見えた巧妙なイメージ操作と論点ずらし|ニフティニュース

こうしたものは、全部医学的知見に基づきながら、色々判断していきたいと考えています。 この時期、飲食店に対する時短要請を巡って、東京都は国の資金支援を何割にするかで政府と水面下の攻防を繰り広げていた。 今、ご質問がありましたように、遅れが生じないような、その学校において工夫をしているということですが、この間、休校中の小中学生向けに都の教育委員会においては、学びの支援サイトを立ち上げるなどの取組を行ってまいりましたが、この際、ICTを活用した学習支援など、オンライン教育に向けた取組をさらに都として進めていければと考えております。 金融危機もございました。 5Gアンテナの基地局を搭載しますスマートポールの先行・試行設置でありますけれども、これは日本で初めての試みとなります。 7月28日(火曜日)から8月3日(月曜日)までの届出保健所別陽性者数を見ると、最多の新宿区が13. 5%を占めていますので、宿泊療養施設を増やしているのですが、運営に当たる医師等は通常の医療現場から人員を確保しているため、充足に苦労しています。 そのうえで「高齢者と基礎疾患のある方、外出をできるだけお控えいただきたい」と呼びかけ、傍らでスタッフが掲げるフリップに書かれた「防ごう重症化 守ろう高齢者」を読み上げた。

>

小池都知事、流行語「3密」受賞者選出リモート会見

【知事】これにつきましては、先週来も同じ質問を受けさせていただきました、不要不急というのは一体何ぞやということですが、読んで字の如くでございます。 それから、総合的な計画をまとめて、マンションの適正な管理と再生を促進するように、「管理ガイドブックの改定」、それから「新たな支援制度の開始」、「相談体制の拡充」などの取組を展開いたします。 会見はテレビの夕方ニュース番組などで中継された。 冒頭に発言がありました医療提供体制で、特に無症状の方とか軽症者の方で、今、入院している方について、早ければ来週中にも場所を移すということを運用できるという方向だというふうにご発言ありましたが、それについて、詳細、例えば希望を募るのか、どのぐらいの規模なのか、もう少し詳しく教えていただける部分がありましたらお願いします。 我々がモニタリング指標を分析した細かい内容をお話しします。 都といたしましても、医療提供体制の確保などの新型コロナウイルス感染症対策、そして厳しい経済、企業、都民の状況を踏まえた大胆な経済対策などを柱として、第四弾の対策を4月中に取りまとめる予定でございましたけれど、これを前倒しいたしまして、4月15日を目途といたしまして、緊急対策を公表できるように指示したところでございます。

>

小池知事、緊急会見で怒り「咳をするたびに撮らないで」…カメラのフラッシュ続き/芸能/デイリースポーツ online

小池百合子東京都知事が25日夕方、東京都庁で新型コロナウイルス感染拡大を受けての緊急会見を開いた。 国が、緊急事態宣言を行った場合ですが、都民、それから事業者の皆様が適切に事前の準備を行えますように、速やかに実施を予定しております緊急事態措置の概要案などについて公表するということであります。 また、陽性者以外にも、陽性者と同様の感染防御対策と個室での管理が必要な新型コロナウイルス感染症と疑われる患者を、1日当たり都内全域で100人から200人受け入れています。 一方で、都として、中身にもよりますけれども、例えば、出前のような形で、デリバリーを強化していただいたりという形で、色々と後押しをさせていただくわけでありますけれども、今、感染の拡大を防止するという意味で、色々な事例が出ているのは、やはり会食であったり、そのときにお酒でわいわいとやっているうちに広がってしまうという例も多々ある。 そして、3月31日、年度末、厳しい経済環境ではございますが、新型コロナウイルスの緊急制度融資ということで、約248億円と最初、見込んでいたのが、どんと増えまして、1,200億円、申し込みがございます。

>