山本 貴志。 山本貴志 (Piano)/ドリーミング

山本貴志 (Piano)/ドリーミング

彼の本選での協奏曲の演奏において、最後の音が終わらない内に会場の聴衆から拍手が巻き起こった。 実態のないはずの「こころ」が動く、という感覚が 確かにこの世界には存在しています。 演奏終了後、スタンディングオベーションが長く続いた。 1983年長野県生まれ。 2019-05-12 2018-09-01 2018-06-03 2018-02-10 2017-11-05 2017-04-30 2017-01-26 2016-09-03 2016-08-07 2016-05-02 2016-04-04 2016-03-15 2016-03-12 2016-02-02 2015-12-25 2015-12-04 2015-11-12 2015-10-21 2015-10-04 2015-09-02 2015-08-16 2015-07-19 2015-04-07 2014-12-05 2014-11-26 2014-08-08 2014-07-11 山本貴志のFacebookができました。 人けのないところでも美しく咲いている桜・・・健気ですよね。

>

山本貴志氏 インタビュー

(アメリカ、サウスカロライナ)第2位 エピソード [ ] このコンクールの1次予選から本選までの模様を抜粋したポーランド国内向けCDがNAXOSより15枚発売されたが、個人で1枚のCDとなったのは全参加者中(vol. 今回のタイトルは「An die Hoffnung ~希望に寄せて~」でしたが、 疑念は抱かずに希望を持たなければ!という歌曲の中の一節、 今回私も本当に勇気づけられました・・・。 この単語を聞くたびに感動を覚えます。 さて、5月はそのあと新潟、岐阜と様々な場所で弾かせていただきました。 アンコールには、 前半の最後でも演奏致しました英雄ポロネーズを弾かせていただきましたが、 最近この作品が改めて気高く感じられます・・・。 大学卒業後は東京を拠点に活動していたが、2015年現在再びワルシャワに拠点を移し活動している。 透き通った美しい響きのするホールと素晴らしい楽器が相俟って とても幸せな時間を過ごさせていただきました。 2008年、アカデミーを首席で卒業。

>

山本貴志

第4回ザイラー国際ピアノコンクール優勝 、ショパン作品最優秀演奏賞受賞(、キッチンゲン )• - 妻• 2014-02-26 2013-09-22 2013-06-06 2013-03-13 2013-02-10 2012-09-27 2012-07-19 2012-06-21 2012-06-01 2011-12-25 2011-10-12 2011-08-04 2011-02-12 2011-02-10 2011-01-08 2010-11-10 2010-11-10 2010-09-04 2010-07-19 2010-06-02 2010-06-01. 雄大さと音の色彩感覚に優れた凄腕ピアニスト。 これからは19日の新潟・りゅーとぴあ、25日の岐阜・三甲美術館、 そして6月1日の紀尾井ホールと続きます。 お食事と合わせるのも素敵ですが、食前酒にそのままいただきたくなるような そんなお酒です。 ホール各所に消毒液を設置していますので手指消毒と咳エチケットにご協力ください。 都心から少し離れるだけで気温も若干下がり、風もさわやかです! そしてこのホールの素晴らしい音響と温かい雰囲気・・・! こんな素敵な場所でシューマン、ラヴェル、ショパンを演奏できるのが 今から楽しみでなりません。 経歴を見てみる! 1998年 — 15歳の時、第52回全日本学生音楽コンクール東京大会中学校の部第3位入賞。 第5回、第6回を迎える今回は私の最も好きなマズルカの一つ、作品41-1を始め 作品41と50の全7曲を取り上げます。

>

山本貴志 (Piano)/ドリーミング

いつもピアノから教わることばかりです・・・。 略歴 [ ] 、、、ソリスト・ディプロマ・コースにおいて、玉置善己に師事。 Profile 山本 貴志 (やまもと たかし) ピアニスト。 2001年4月からは近畿大学の職員に、2004年10月から水上競技部コーチを、2013年11月からは同部監督を務めている。 ワルシャワ音楽大学卒業後は東京を拠点に活動していたが、2015年現在再びワルシャワに拠点を移し活動している。 略歴 [編集 ] 、、、ソリスト・ディプロマ・コースにおいて、玉置善己に師事。

>

ため池工事で官製談合疑い 兵庫・上郡町職員ら逮捕

第56回第3位およびヴァレンティーナ・カメニコヴァー特別賞(最年少ファイナリスト対象)(、 )• 5月から10月までの5か月間ショパンに取り組み続けましたが 飽きるどころかますますその魅力に取りつかれ、 またすぐにでも挑戦したい気持ちです! これから一生かけて大切に温めてまいりたいと存じます。 受賞歴 [編集 ]• 食事が美味しいところばかり・・・詳細はブログの最後を・・・(笑) 新潟のりゅーとぴあは大好きなホールです。 同年第15回ショパン国際ピアノコンクール第4位入賞。 iplaza 近頃は9月もまだ真夏のような陽気ですが きっと稲城市は緑に囲まれて涼しい風に包まれるはずです・・・! 梅雨らしからぬ涼しさが続いていた東京でも ついに「湿気の季節」となってしまいました・・・。 第6回パデレフスキ国際ピアノコンクール第5位。 後日、正式な引退記者会見を行った。 第6回 第5位(ポーランド、)• 曲を弾いていてもあいまいなところがひとつもないのです。

>

山本貴志氏 インタビュー

本当にありがとうございます・・・。 ヒルトン・ヘッド国際ピアノコンクール(アメリカ、サウスカロライナ)第2位 エピソード [編集 ] このコンクールの1次予選から本選までの模様を抜粋したポーランド国内向けCDがNAXOSより15枚発売されたが、個人で1枚のCDとなったのは全参加者中(vol. この1週間後の紀尾井ホールの演奏会では、また違った素敵な個性を持ったピアノで 水谷川さんと音物語を楽しく紡ぐことができました。 私はいろいろな場所の桜の表情を見て回るのが好きなのですが、 実は毎年一番楽しみにしているのは いつも通る道にある、名もない一本の桜の木だったりします・・・。 この涼しげな木々が東京でも見られるなんて・・・! 先日、9月7日に演奏会をいたします稲城市のiプラザで リハーサルをさせていただきましたが、 京王線・若葉台駅(調布から10分で到着してしまいます)を降りると そこには小高い丘があり周りには緑の山々が・・・。 そんなことをしみじみと感じる一日となりました! 実は今年の10月よりワルシャワに戻る運びとなりました。 03年より5年間、ワルシャワ・ショパン音楽アカデミーに在学。

>

山本貴司

太平洋側では晴れていても日本海側では猛吹雪、ということもよくありますよね・・・。 リスナーを虜にするとは凄すぎ! ショパン音楽アカデミー首席卒業! 2008年に トップでショパン音楽アカデミーを卒業している。 何よりもベートーヴェンの音楽そのものがその答えであるかのように響き・・・ 希望を持つだけでなく「持ち続ける」のは決して楽ではないのは ベートーヴェンの作品に触れているときの疲労感(!)が物語っていますが、 でも最後は歓喜の涙を流すことができるような音楽になっていることからも その説得力には凄まじいものがありました。 avex-CLASSICS よりショパン:ワルツ集とノクターン集をリリースするなど、今もっとも期待される若手ピアニストのひとりである。 言葉にすると抽象的になってしまいますがまさに 小宇宙 です………! 自身でも実感しますが、音楽は嗜好品ではなく人生に必要不可欠なもの、 なのですよね…。

>