イラレ 円 グラフ。 Illustratorってめっちゃ便利やん……(円グラフ編)|Lin Ito|note

Shaperツールとライブシェイプ、「グループの抜き」で作るドーナツグラフ

「グラフデータウィンドウ」内を、 下図の通りにセル内を文字入力、数値入力していきます。 すると、先ほどの数値入力ウィンドウが出てくるので、ここで数値を修正し、また「チェックマーク」を押せば、修正が反映されます。 この状態で、 おなじみのフォントの色を変更する操作をすれば、 されている状態で、フォントの色を変更したので、そのデータラベルだけのフォントの色が変わりました。 グラフツールから「円グラフ」を選択 まずはグラフツールから円グラフを選択します。 それでは早速、このように設定していきましょう! されていることを確認し、 先ほどまでと同様、作業ウィンドウ一番上の[データラベルの書式設定]というタイトルの下にある、[ラベルオプション]という文字が選択されていることを確認し、更に、その下に並んでいる絵柄のボタンのうち、グラフのマークが選択されていることを確認します。 メニューバーの「効果」からグラフをデザイン メニューバーの「効果」を使用して、円グラフにデザイン性を追加することで、デザイン追加後の円グラフでも、データの値を変更し、グラフに反映することができます。

>

簡単!Illustratorで円グラフを作る方法

ただのアホですね……。 グラフを入れる予定のページの全体デザインをある程度作り終わってから、最後にグラフを作ると良いのかもしれません。 出てきたメニューの中から「データ」をクリックします。 ただ解りにくいだけなのです。 ツールパネル「横書き文字ツール」をクリックし、 アートボード内を左上から右下にかけて、 長方形を描くようにドラッグし、テキストフレームを作成します。 左側のツールから「グループ選択ツール」を選択しましょう 色を変更したいグラフを3回クリックします。

>

円グラフに内訳を表示するデータラベルを制覇!【2016・2013編】

各点にマークを付ける:正方形のマーカーをデータの各点に配置します。 今回は「円グラフ」です。 こんな感じでできました。 凡例をグラフの上部に表示する:凡例の位置をグラフの上に移動します。 1 行目のセルに各データセットのラベルを入力します。 なお、Shiftを押しながらドラッグすることで正確な垂直線にすることができます。

>

エクセルのようにイラレで表組み・円グラフを描こう!

つまり、グラフで言うと、棒がすべて選択された状態からさらに「Alt」+クリックすると、グラフ全体が選択されることになります。 データのラベルの位置を変更したり、文字の大きさをいじってみましょう。 基本の円グラフ作成は以上です。 これで新しく円グラフを作って、微調整をするとこんな感じになります。 チラシで作る際も簡単に作れちゃいますね! データを編集する 入力するデータを間違えていた。 黒い円とエクセルのようなセルが表示されます。

>

簡単!Illustratorで円グラフを作る方法

OKを押すと以下のように表示されます。 今回の例は3つなのでまだ良いのですが、項目がたくさんある場合は、1つ1つ色を変えていくのは時間がかかりますよね。 ただ単にペンツール等で描くのではなく、 規則的に正しい表やグラフを簡単に描いていきます。 6」のような計算はできませんので、次のように2段階で計算します。 また、3Dみたいな円グラフも先ほどのやり方で簡単に作ることができますので、是非作ってみてください。 左上(エクセルでいうところのA1セル)をクリックし、1つ目の見出しを入力します。

>

Illustratorでグラフを超簡単に作るやり方│パソニュー

そして、先ほどのお約束どおり、選択したいずれかのデータラベルのところで 右クリック、 [データラベルの書式設定]をクリックすると、 画面の右側に、[データラベルの書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 エクセルとかワードみたいに簡単だったらなー・・・って思ってましたが、グラフの作成に関してはものすごく簡単にできます。 そうしたら、選択したパーツの上で「Alt」キーを押しながらもう一度選択(クリック)してください。 表示されるデータセルに数値を入力すると、その数値の円グラフを描くことができます。 2)を入力する• 表組みおよび円グラフまとめ いかがでしょうか? 意外と簡単にできる表組や円グラフの制作方法をご紹介しました。

>