オリックス ドラフト 2020。 ドラフト指名予想2020【オリックス編】|正田一成|note

2020年のドラフト候補

強打の遊撃手・ 内山翔太 栃木GB 、若さとパンチ力が魅力の 赤羽由紘 信濃GS 、 若松聖覇 栃木GB 、 カレオン 神奈川FD 、スピードが武器の 松村誠矢 富山TB らも名前が挙がります。 ただ不安なのは、山本由伸投手、山岡泰輔投手、選手という日本球界屈指のタレントが5年後もチームに居てくれるか。 続いて育成選手を。 内山壮真【星稜】• 広島は二岡事件以降近大選手を指名していないはずで、監督が投手出身ゆえに苑田スカウトが「和田毅以上」と評する早川に落ち着くのでは。 大曲錬【福岡大】• 先発として、 一年目からローテーションに入れるでしょう。 山崎伊織【東海大】• 福永聖【大阪市大】• ちなみに僭越ですが私の希望的指名予想は以下です。 2位:小林樹斗(投手:智辯和歌山) しっかりと腕を振って投げるストレートはキレがあり空振りが取れる球。

>

山下舜平大、元謙太、来田涼斗…3年後が楽しみ過ぎるオリックスの高卒選手たち【ドラフト総括】

西尾 オリックスジュニアの時にスタッフの時に入ってたみたいで、来田選手のこと小さい頃から知ってたみたいですね。 注目度No. 即戦力野手を指名と公言していた巨人と、ソフトバンクが佐藤輝明指名を明らかにし、オリックス含めこれで3球団重複確定。 社会人では栗林良吏が一位指名確実 社会人では栗林の評価が抜けています。 田嶋の下の世代では宮城くらいしか左の先発候補はいないはずなので頭角を現すチャンスは大いにあるでしょう。 フォームに少し癖があるのが、この指名順位に影響を与えたのかもしれない。 こちらは左の強打者候補かつ数年間レギュラー不在のセンター候補で、やはり身体能力の高い選手だ。

>

2020ドラフトにみる来年のオリックス+α|ricefield|note

さらに、 全体的に回転数が多いボールを投げることから、そのポテンシャルの高さも抜群です。 バランスも良く取れた。 親子のように思える場合もあるし、学校の先生と生徒のようにも見えるときもある。 西野力矢【大阪桐蔭】• 気持ちの強さが見てわかるような、堂々としたマウンド捌きは、まさに「エースの風格」である。 評価 名前 守備 経歴 投打 S 95 投手 早稲田大 左投左打 S 95 投手 苫小牧駒澤大 右投左打 S 90 投手 東洋大 右投左打 S 90 捕手 上武大 右投左打 S 90 外野手 三塁 近畿大 右投左打 A 85 投手 東海大 右投左打 A 85 投手 慶應大 左投左打 A 85 投手 慶應大 右投右打 A 85 投手 日体大 右投右打 A 85 二塁 中央大 右投右打 A 85 外野 中央大 右投左打 A 80 投手 星槎道都大 右投右打 A 80 投手 八戸学院大 右投右打 A 80 投手 仙台大 右投右打 A 80 投手 法政大 左投左打 A 80 投手 亜細亜大 右投右打 A 80 投手 東北福祉大 左投左打 A 80 投手 明治大 右投右打 A 80 投手 法政大 右投右打 A 80 投手 天理大 左投左打 A 80 捕手 創価大 右投左打 A 80 遊撃 東北福祉大 右投左打 A 80 外野 独協大 右投右打 B 75 投手 関西大 左投左打 B 75 投手 北九州市立 右投右打 B 75 投手 東北公益文科大 右投右打 B 75 投手 立命館 右投右打 B 75 捕手 立命館 右投右打 B 75 三塁 横浜桐蔭 右投右打 B 75 外野 駒澤大 右投右打 B 70 投手 駒澤大 右投右打 B 70 投手 早稲田 左投左打 B 70 投手 福岡大 右投右打 B 70 投手 立教大 右投左打 B 70 遊撃 国学院 右投左打 B 70 三塁 九州共立大 右投右打 C 65 投手 亜細亜大 右投右打 C 65 遊撃 亜細亜 右投左打 C 60 投手 桜美林大 右投右打 C 60 遊撃 慶應 右投左打 現時点で注目したいのは五人です。 ポジションについてはこれから決めていくだろうが、DHもあるパリーグの特性を生かしまずは打撃に磨きをかけたい。 この時期、いつもなら「ドラフト振り返り」として、12球団の指名具合を振り返る文章を書いたりするのだが、今年は私なりの視点から、各球団別に「ドラフト答え合わせ」を行ってみたいと思う。

>

オリックスバファローズ最新ニュース・選手情報

172センチと選手としては小柄な部類に入るが、 守備能力はすでに1軍クラスという呼び声があるほど。 森畑侑大【創価】• ","l. とは言え、外国人選手を補強しやすいポジションだったり、一応T-岡田がいたり大下が伸びてきたりしたので、絶対に指名すべきというほどではないでしょう。 村上頌樹【東洋大】• 今月22日に開幕するでは、所属する も出場するため、恐らく阿部投手も登板することになるだろう。 であれば、今年のドラフト戦略は至極妥当だと思う。 中川颯【立教】• 4位は 立大・中川 颯投手を指名。

>

山下舜平大、元謙太、来田涼斗…3年後が楽しみ過ぎるオリックスの高卒選手たち【ドラフト総括】

186センチ85キロと言う体躯から繰り出す長打力は非凡なものがある。 その翌年2015年は10勝8敗と二桁勝利に輝いています。 「(外れ1位は)上から良い選手を行きます。 これでオリックスは高校生の右の強打者を3年続けて指名しており、打力不足を解消できる将来性豊かな野手の獲得という課題にしつこく向き合っていると言えるだろう。 育成指名 育成1巡目:川瀬堅斗 投手 大分商業高校 現ホークスの川瀬の弟くんですね。

>

~オリックス、2020ドラフト指名予想 の巻~

小郷賢人【東海大】• どうなることかと思いきや、ここからなんとか踏ん張って以降5回まで無失点。 私たち野球ファンに強烈な印象を与え、社会の希望となってくれる選手がどれだけ出てきてくれるかを楽しみにしたい。 佐藤も、長打を放つパワーはプロでもトップクラスでしょうが、確実性の面であまりにも不安な数字が残っています。 その為、一位指名は確実でしょう。 小深田大地【履正社】• どこで起用されるのか、注目していきたい。 かつてはジュニアでプレーしており、「地元のスターが低迷するチームを復活させる」というストーリーを期待したい。

>

オリックスのドラフト2020年をドラフト専門家が総括 2020.10.26

「早川か?」と思われた日本ハム、広島、DeNA、中日が独自路線の1位指名に切り替えたおかげだ。 評価 名前 守備 経歴 投打 S 95 投手 トヨタ自動車 右投右打 S 95 投手 苫小牧駒澤大 右投左打 S 95 投手 早稲田大 左投左打 S 90 投手 東洋大 右投左打 S 90 投手 明石商 右投右打 S 90 投手 福岡大大濠 右投右打 S 90 投手 中京大中京 右投右打 S 90 捕手 上武大 右投左打 S 90 外野手 三塁 近畿大 右投左打 A 85 投手 智辯和歌山 右投右打 A 85 投手 東海大 右投左打 A 85 投手 慶應大 右投右打 A 85 投手 日体大 右投右打 A 85 二塁 中央大 右投右打 A 85 外野手 明石商 右投左打 A 85 外野 中央大 右投左打 ドラフト2020一位指名の考察 先ほどのリストの中から気になった選手をご紹介します。 というより、選んだ道を正解にするしかないので、その過程を見守っていきましょう。 早川隆久の現時点での「実戦力」は、文句なしにオールアマチュアNo. 8位:小深田大地(内野手:履正社) 体の強さを感じさせる内野手。 見ていると、腕が 「グニャーッ」としなり、地上スレスレのところから投じられるボールが 「グワァーッ」とノビてくるような印象を感じる。 大城祐樹【北海道ガス】• 伊藤大海は大学即戦力No. 2位には ・中森投手を指名。 西尾さん、まさに上3人、そして5位に中川と共にけっこう割り切った高校生指名でいきましたよね。

>

山下舜平大、元謙太、来田涼斗…3年後が楽しみ過ぎるオリックスの高卒選手たち【ドラフト総括】

「日本のエースに将来なる存在だ」と。 三年生時にはコロナもあり、調子が上がらなかった様子でしたが、それでもしっかり結果を残す技術力があります。 現状、オリックスの捕手事情は若月選手が一等地を抜いているといっても他の正捕手と比べるとまだまだ実力不足で 競争相手が必要ではあるのですが、今年のドラフトに関しては 捕手が豊作と言われており、新人選手に次世代の正捕手を担ってもらう事に期待する可能性もありますし 飯田選手は今年までという可能性は高そうです。 恵まれた体格と近畿大ということもあり、 糸井嘉男二世と呼ばれている三拍子揃った選手です。 オリックスが26日ドラフト会議の外れ1位候補に、 福岡大大濠・山下舜平大投手(3年)、明大・入江大生投手(4年=作新学院)をリストアップしていることが23日に分かった。 (福良GMに)監督代行、牧田(編成副部長)の3人の中から」と同GMは説明した。 出身の来田を指名。

>