クリス バングル。 「クリスバングルデザインについて」MA102のブログ | 997+500

クリス・バングル

を経てのデザイン部門、チェントロ・スティーレに入る。 今後はBMWからも自動車からも離れ、新たな仕事の機会を求めるという。 にはBMWに移籍、同社初のアメリカ人チーフデザイナーとなる。 この様なデザイン手法を、海外ではBangle-butt(バングル・バット)と呼ぶことがある。 全般的にスタイリングが悪い• このプロトタイプには全機能が実装されており、バッテリー・パックを囲んでいるアルミのスペースフレームのおかげで、開発初期の段階でクラッシュ試験に合格している。 オペルでインテリアを担当していたバングルの名を一躍世に広めたのは、フィアッ ト移籍後に手がけたバルケッタ(写真)とクーペ。

>

【トリノショー直前特集】世界のカリスマデザイナーたち(その2)クリス・バングル/BMW

次にくる5シリーズのマイナー、1シリーズのマイナー、そして2,3年後の3シリーズのマイナーと、どうなっていくのか楽しみです。 走行可能距離がクラス最大という以外、電池容量などは公表されていない。 ファミリーカーとしてはちょっと使えないですが 若いカップルや、シルバー世代のカップル使用には ぴったりじゃないでしょうか? でも、クリス・バングルが60年代のアメ車とファブリックから 着想を得たというエイヒレ・デザイン(マンタ)もベンツやスバル などでも使われるようになって、個人的にはやや食傷ぎみの感は 否めないです。 例えば、2002を今見ると、なんて美しいラインなんだろうと思う。 個人の好みでどうでもいいかな。 アクが強く、上品さに欠ける。

>

[B! あとで読む] クリス・バングル

そこで冒険はできない。 MCするとMC前の車にはダサくて乗れない。 スーパー級の頭脳プレイじゃありませんか。 Zの文字をうまく入れている当たり、本当に、クリス・バングルという人は線の使い方がうまいのではと思ってしまった。 : で市営バスの白人優先席に座っていた黒人女性が逮捕される()• BMW車のデザインは、80年代までは水平基調の落ち着いたもので、それが90年代に入るとウエッジシェイプのダイナミックなものに変わりますが、どちらにしろそのカタチは端正で上品な印象を与えるものでした。 同じくE90も、最初から好きだったように乗っていますが、発売当初は全然好きではありませんでした。 今までがそうでしたから。

>

[B! あとで読む] クリス・バングル

を経てのデザイン部門、チェントロ・スティーレに入る。 奇をてらったデザインはいづれ慣れ、陳腐化する。 それって、E39の後期型が出るか出ないかの頃だし、確かに、E39の特に前期型は保守的で、何か特徴にかけたデザインだったと思うけど、なぜ、あんなデザインにしてしまったのか分からない。 。 BMWのデザインって昔から、確かに年月が経てば古くはなるけど、老化してこないのがBMWのデザインの昔からの良さだと思う。 現行5シリーズだってそう。

>

クリス・バングル

バングル・バット Bangle-butt クリス・バングルが近年デザインした自動車のデザインの特徴の1つに、セダンやクーペのトランク・リッドの処理が挙げられる。 すべては目的達成のための理知的なデザインだった それは現行3シリーズをよく見ると分かります。 E60は全体的なデザインのバランスが悪い。 デザインは保守的がいい• モッサリ感がある• グッドデザイン賞 審査委員。 で世界初のの移植手術を実施()• あのデザインは、何年経っても古さは感じるけど、愛する事の出来るデザイン。 ちょうど現行7シリーズに続き、現行5シリーズが登場した頃です。 かっこわるいよ。

>

【トリノショー直前特集】世界のカリスマデザイナーたち(その2)クリス・バングル/BMW

DB9のようなスーパーカーと並べてもまったく恥ずかしくないデザイン。 そう思わざるを得ない程見事なライン構成。 クリス・バングル クリストファー・エドワード・バングル( Christopher Edward Bangle、 - )はアメリカ人の自動車デザイナーである。 量産の意図はあるものの、LAショー参加者からのフィードバックを参考にしてこのクルマの将来性を確かめたいようだ。 。

>

クリスバングル氏のBMWデザインとは

そこには「自動車は使うためのもの、クルマはあなたが何であるかを問うもの」というバングル独自の理念がうかがえる。 BMWの大変革を成し遂げた男 最近のバングルに対する奥山の評価は「人を使うのがとても上手いね」。 だから、このデザインは好き。 どう見ても不格好。 にはBMWに移籍、同社初のアメリカ人チーフデザイナーとなる。

>